一般治療・小児治療・矯正治療・予防・PMTC・ホワイトニング

一般歯科

虫歯治療の正しい考え方

MI 虫歯治療の新しい考え方
MINIMAL INTERVENTION DENTISTRY

* 出来るだけ削らない
* 出来るだけ歯を残す

それがMIの基本コンセプトです。

2000年、国際歯科連盟によって提唱された新しい概念。
Minimal Intervention 〜最小の侵襲〜

歯科医療の概念は、う蝕(虫歯)の進行についての解明、及び接着性修復材料の開発によって発展してきた。
現在では、脱灰されていても窩洞となっていないエナメル質、および象牙質は治癒することが認められており、G.V.Black博士が提唱したう蝕部位の予防拡大処置の見直しを提言する。

* 初期う蝕部位の再石灰化の促進(フッ化物の活用)
* 将来の脱灰及びう蝕リスク除去のためのう蝕原因菌の把握と削減
* う蝕部位の最小削除による修復
* 再修復部位の再充填ではない保存的修復の実践(リペアー対応の促進)
* 再発防止のための維持管理の徹底

▲ PAGE TOP

歯周病治療

歯ぐきから血が出る方、口臭がある方、歯ぐきがやせた方、朝起きたとき口の中がねばつくような不快感のある方、歯がぐらついてきたと感じる方、歯ぐきが赤く腫れたような部分を見つけた方、このような症状がひとつでもあれば歯周病が疑われます。

歯周病は、歯を支えている骨が次第に溶けて最終的には歯が抜けてしまう病気です。
痛みが無く進行するために歯科医院を受診するきっかけをつかめず、手遅れになってお困りの方が大勢いらっしゃいます。

原因は、
1. 歯周病菌が作り出す毒素(歯垢、歯石など)
2. 悪いかみ合わせによって働く不当な力
3. 歯と合っていないかぶせもの

原因がはっきりしているため、それらの改善で発生の予防や進行防止が確実に得られる病気でもあります。

当院では、まず鮮明なデジタルX線などで患者様ご自身の歯周病の進行状況を把握した上で、歯周病改善のための最良の治療計画を立てます。
原因となっているものを改善してお口の健康を取り戻した後、定期健診(メインテナンス)によってそれを維持していくようにします。

家庭でのお手入れも治療の成功の大きな鍵であることから、患者様とともに検査結果を確認しながら原因となっているものを改善し、お口の健康を取り戻していきます。

治療後の定期健診(メインテナンス)により、一生ご自身の歯で食事が出来ることを目的としておりますので、担当の衛生士を決めて、きめ細かなケアをしていくようにしています。

▲ PAGE TOP